Step.3

呼吸を整えたら声を出していきます。
このStepは他に比べて非常に短いです。

呼吸を整えた後の自分の声の違いを感じることが出来れば、
正しく呼吸法が行われている証拠です。

突然声を出すのは喉に負担が掛かるので徐々に声を出しましょう。


発声@

まずは最初の発声です。

  1. 仰向けの状態のまま、下腹部に手を置きます。
  2. 4拍で息を吸って、口を結んだまま「んーーーー」とハミングをした状態で伸ばします。
    ここでは音量としては出ませんが大きく出そうと心がけてください。
  3. 次に同じく4拍で息を吸って、口を結んだハミングの状態から徐々に口を開いていきます。
    音の表現としては「んーーーーむわぁーーーー」という感じです。
  4. 最後に4拍で息を吸って、「あーーーー」と声を出します。
    自分の最大の音量で出してください。
  5. 全てを2回づつ行い、これ以上出ない!という限界まで音を伸ばして下さい。

音量も長さも自分の限界までやることで、
自分はこれだけ出る!という目安にもなります。

この時も腹式呼吸を忘れないように注意してください。


発声A

歌い手さん向けのものは発声@で終了ですが、これ以降も行って問題はありません。
役者さんも発声@のみで十分ですがこちらも行うとより効果的です。

  1. こちらは立ち上がって行います。立ちくらみに注意してください。
  2. 肩幅に足を開き、背筋を伸ばし、まっすぐに前を向いて下さい。
  3. 腹式呼吸と声を大きく出すことを意識し、
    以下の文を一語一語区切ってはっきりと読み上げます。

  4. あえいうえおあお
    かけきくけこかこ
    させしすせそさそ
    たてちつてとたと
    はへひふへほはほ
    まめみむめもまも
    やえいゆえよやよ
    られりるれろらろ
    わえいうえをわを

上の文を読んで引っかかる、上手くいえない、
舌が回らない、言葉が滑ってしまう等ありましたら、
滑舌に問題がある可能性があります。
その場合は次の滑舌練習を行うことを強くお勧めします。