Back

Scene1 OP Song " 祈歌 " (作詞:8)

Ah fhanaver dojashalawel hyehca.
Miqodhi hozisa ha fusomana Vella finaquyhu.
Hannefho siyhutha fi syimanofho.
La qaryiqo fhicadisa.
Fhanaver hyiaforone vathasica.

天は等しく恵み与え 時に奪いさって <祈り> 何度も紡ぐ音
「細く長く続いた言の葉はいまも途切れることなく届くのでしょう」
…幾千の時も空と共に在る太陽と月に見守られながら—。

Sahr hasyinahyimite Ahroja.

夜の帳に蠢く闇に隠れて
             —−魔の手を祓おう
日差しにまぎれ攻め入る

命を賭して君を守る 「…守られているだけ」 他に何もできない
遥かな歴史の中、記されたものは反した二つの光と影
朝と夕を継ぎ明日へと繋ぐは研ぎすまされた旋律神の詩

Fhanaver rhota illasye?
Rhimahyike vasse zellaja?
Tosharifer seah Merthina.
(Ah fillinaseqero)

Coyhuvosso rayhezafosyise.
Hanniza rocofyusonno.
Sriviqo thoyumicko.
Can iqomajalle.

赤く染まる空 鐘の音は遠く 今日に告げる名残は遥か響く—

Ah fhanaver dojashalawel.
Fhanaver hyiaforone.